MENU

安心してお金を借りたい

安心してお金を借りるならどういう方法がいいのでしょうか。
家族や友人などの知り合いに借りる?これは絶対にダメです。
お金の貸し借りが絡んだ時点でその関係性は今までの対等だったものでは無くなってしまいます。
借金をお願いした場合お金の貸し借りが行われても行われなくても、心の中にはしこりが残ってしまうことは間違いないでしょう。
そういったしがらみのないキャッシングを利用するのがベストです。
ではキャッシングを行うとすればどういった会社がよいのでしょうか。
最近は審査の厳しくない「ソフト闇金」という消費者金融も数を増やしていますが、いくら審査が厳しくないからといってこういった会社を利用するのは絶対に辞めましょう。
審査が緩い分利息が厳しくなっていますし、借りた後のことを考えると返済がしんどくなってしまいとても安心できません。
なのでキャッシングを利用する際にはCMなどで知名度のある大手消費者金融や銀行カードローンを選ぶのが一番いいですね。
法律に則って商売を行っている以上、きちんとした対応をしてくれます。
女性の方の場合はキャッシングを行うのが怖いというかたも多いと思いますが、女性スタッフが応対してくれる女性専用のフリーダイヤルや、レディースキャッシングのプランがある会社も多く存在しています。
名前の通った消費者金融や銀行カードローン、女性の場合はそういった会社のレディース対応のものを利用するというのが一番安全な選択肢です。

お金借りたい人が選んだカードローン総合ランキング

プロミスのオススメ度 評価5

プロミスは最短30分というカードローンの中では最速クラスの審査の早さが魅力です。即日融資を考えている人であれば審査の早さというのは非常に重要ですからね。即日融資の方法も銀行口座への振り込み融資と無人契約機で契約を行っての融資の2つが用意されていますし、無人契約機の営業時間も22時まで(一部21時までのところがあります)と夜遅くまで営業してくれているのが助かります。初回契約時の方であれば契約日から30日間無利息で利用できるというのも、銀行カードローンには無い消費者金融であるプロミスならではのサービスです。審査の早さや無利息サービスの存在など、総合的に考えてプロミスは非常に利用しやすいカードローンだと言えます。

実質年率 年4.5%〜17.8%
限度額 500万円まで
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日間無利息(※1)
(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

アコムのオススメ度 評価5

アコムはCMでも永作博美さんがイメージキャラクターを務めているように、消費者金融大手らしい安心感がウリです。もちろん審査に際しても他の消費者金融に負けない最短30分という審査時間の早さですし、即日融資を行う方法も複数準備されています。また、即日融資を受ける際にも普段使いの際にも重要になってくる無人契約機もアクセスしやすい場所にたくさん設置してあり、カードローンの中ではトップクラスの数を誇ります。楽天銀行の口座を持っていれば平日だけではなく土日祝も含めて24時間いつでも振り込み融資を受けられるというサービスも、かゆいところに手が届く嬉しい内容ですね。安心感と安定感を兼ね備えているカードローン、それがアコムです。

実質年率 年4.7%〜18.0%
限度額 500万円まで
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日間無利息

みずほ銀行のオススメ度 評価4

みずほ銀行カードローンは何と言っても銀行カードローンらしい低金利と余裕のある限度額設定が特徴です。エグゼクティブプランとコンフォートプランという2つのプランが用意されていますが、審査の結果エグゼクティブプランが適用された場合は、3.5%〜7.0%という消費者金融では考えられない低金利で利用することができます。またこの金利はみずほ銀行で住宅ローンを利用しているとさらに0.5%引き下げてもらえます。最大限度額も1000万円となっており限度額が高いほど適用金利も下がるため、みずほ銀行の住宅ローンを利用していて少し多めの金額でカードローンの利用を検討している人は、間違いなくみずほ銀行カードローンを利用するのが一番お得です。


実質年率 エグゼクティブプラン 年3.0%〜7.0%
コンフォートプラン 年3.5%※〜14.0%(※1)
限度額 最大1,000万円
審査時間 最短即日
融資スピード 最短即日
無利息期間 なし
(※1)プランは審査の結果によります。住宅ローンのご利用で、どちらも金利が年0.5%下がります。 エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の年利です。

三井住友銀行のオススメ度 評価4

三井住友銀行カードローンもみずほ銀行カードローン同様の低金利が魅力であると同時に、利用のしやすさが際立つ銀行カードローンでもあります。普通銀行カードローンで借り入れを行おうと思うと、当該銀行の口座を持っていなければなりませんが、三井住友銀行カードローンの場合は三井住友銀行の口座を必要としません。また、限度額300万円以内の借り入れであれば収入証明書の提出も不要と、手続きのしやすさが光ります。三井住友銀行で住宅ローンを利用している場合は借り入れの際の金利をさらに引き下げてくれる可能性もあるため、三井住友銀行の口座を持ってない人でも便利に、持っている人はより便利に利用できるカードローンになっています。

実質年率 年4.0%〜14.5%(変動金利)
限度額 800万円まで
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
無利息期間 なし

レイクのオススメ度 評価4

レイクは借り入れのしやすさはもちろんのことながら、初回契約時に利用できる2つの無利息サービスが魅力のカードローンです。1つ目は契約日から30日間無利息で利用できるサービスです。これだけだと他にも同様のサービスを行っているところはありますが、レイクにはもう1パターンの無利息サービスが存在します。それが利用金額5万円までという制限はあるものの、初回契約日から180日間無利息で利用できるサービスです。ちょっとしたピンチをしのぐためだけに利用したいときなどは、約半年ほど返済時期の猶予があるこのサービスは非常に便利です。利用者に応じてどちらの無利息サービスを使うのかを選べると言う点で非常に便利なカードローンです。

実質年率 年4.5%〜18.0%
限度額 500万円まで
審査時間 申込み完了画面に表示
融資スピード -
無利息期間 30日間無利息 または 180日間無利息(※1)
(※1)詳しくは公式ページをご覧下さい

即日でお金借りたいなら消費者金融系カードローン

即日でお金を借りたいのなら、消費者金融系カードローンを利用するのが便利です。
プロミスなどではインターネットから申し込んだ場合最短30分で審査が終わるというスピーディな手続きをウリにしているので、時間が限られている即日融資の際には非常に助かります。
また、インターネット申し込みの場合は24時間申し込みが可能なので、手の空いている時に手続きをして後は仕事などをしながら審査結果が来るのを待っておけばOKです。
審査と言えば付き物なのは在籍確認ですよね。即日融資は受けたいけれど職場などへの在籍確認はできれば控えてほしい人、そもそも忙しくて在籍確認の電話に出られないかもしれない人など色々な人がいると思います。そういった人にも消費者金融系カードローンであれば柔軟に対応してくれる可能性があります。
プロミスやモビットなどは在籍確認の電話をかける代わりに、社員証や保険証といった「申告通りの会社に在籍していることが分かる書類」を提出することで、在籍確認を免除してくれる場合があります。
先方の担当と電話でやり取りをする際に、在籍確認は控えてほしいということを頼んでみましょう。
このように消費者金融系カードローンは審査が早い、申し込み者の事情に合わせて融通を利かせてくれるなど、即日融資向きの特徴をたくさん備えています。
即日融資を希望していてどこを利用するか悩んでいる場合はまずは消費者金融系カードローンの利用を検討してみましょう。

専業主婦がお金借りたいなら銀行系カードローン

専業主婦の方がお金を借りようと思う場合は、銀行系カードローンを利用するしかありません。消費者金融に借り入れを申し込んでも必ず審査落ちになってしまいます。なぜかと言うと、消費者金融は貸金業者であり、貸金業者はみな貸金業法という法律を守らなければなりません。その貸金業法の中に「総量規制」という決まりがあり、これは「申し込み者の収入の3分の1までしか貸し付けを行うことができない」という内容になっています。消費者金融では専業主婦の方は「収入0」として扱われるので、総量規制と照らし合わせると実質的に借り入れが不可になります。専業主婦の人が消費者金融に申し込んでも必ず審査落ちしてしまうのは「総量規制」の影響のせいなのです。
つまり専業主婦の人がお金を借りるには「総量規制対象外」のところを利用するしか方法がなく、それが銀行系カードローンになるというわけです。ただし、総量規制対象外だからといって銀行系カードローンでも無条件に借り入れをできるわけではありません。消費者金融のように絶対に審査落ちすると決まっていないだけで、審査の結果借り入れができないというケースはひとによってもちろんありえます。また、審査に際して配偶者の同意書や源泉徴収票などの収入証明書の提出が求められる場合もあります。うまく審査に通ることができれば低金利で借り入れを行うことができるのが銀行系カードローンなので、各銀行カードローンの要項をよく確認して、自分に一番合っていると思われる銀行系カードローンに申し込むようにしましょう。

学生がお金借りたいなら

学生の場合は、借り入れの審査の前提となる「定期的に安定した収入があること」という条件を満たすことがまずは大事です。「定期的に」というのがどれくらいの期間かというのは各カードローン会社の審査によって異なりますが、だいたいの場合の目安として2〜3か月ぐらい継続してパートやアルバイトを行っていれば、「安定した収入がある」とみなしてくれるケースが多いです。現在アルバイト等をしていない人は、新しくアルバイトを始めて少し期間が経ってから申し込むようにしてください。また、銀行カードローンでお金を借りようと思う場合には、学生の場合は通常とは異なり上限金額を10万円や50万円で止められてしまいますので注意しておきましょう。最後に「継続してパートやアルバイトを行っている学生」であっても20歳未満の場合には借り入れは行うことはできません。借り入れを行える条件が「満20歳以上」となっているためです。20歳未満の人は少なくとも20歳になるまで借り入れは我慢しましょう。

金利ゼロでお金を借りたいなら無利息カードローン

金利ゼロでお金を借りたいなら無利息キャンペーンのある消費者金融系カードローンを利用しましょう。これは銀行系カードローンにはない、消費者金融系カードローンならではの強みです。プロミスやアコムであれば、「初回契約時のお客様に限り」という制限はあるものの、契約日から30日間は無利息での借り入れを行うことができます。30日以内に返済すれば元本のみの返済で済むので非常に便利なサービスと言えるでしょう。期間内に繰り返し借り入れを行っても初回契約日から30日以内に返済すれば、それらも全て無利子で利用ができるのも嬉しいポイントです。また、レイクには上記した30日間無利息サービスの他に、上限は5万円ながら最大180日間無利息というもう1つの無利息サービスが存在します。2つの無利息サービスの併用はできませんが、借り入れる金額や期間、条件によって自分にとってよりお得なプランを選べるというのは他のカードローンにはないメリットです。

土日祝にお金を借りたいなら

土日祝にお金を借りたいのであれば消費者金融系カードローンを利用するのが便利です。銀行系カードローンは土日祝の即日融資には対応していません。ただし消費者金融系カードローンを利用する場合でも、銀行が営業していない以上振り込みによる即日融資を受けることはできません。土日祝にお金を借りたいなら消費者金融系カードローンで「申し込みをインターネットで行った後、無人契約機で契約を行ってその場でカードを受け取る」という方法を使います。この方法であれば、普通は契約してから後日郵送で送られてくるカードを即日で受け取ることができるので、無人契約機備え付けのATMやコンビニなどの提携ATMを利用してお金の借り入れを行うことができます。プロミスやアコムなどの消費者金融系カードローンの無人契約機は土日祝であっても夜22時(場所によっては21時)まで営業しているので、最寄りの無人契約機の場所を調べて都合のいい時間帯に無人契約機に行って手続きを行いましょう。

今日中にお金を借りたいならプロミス

今日中にどうしてもお金を借りたいという人はプロミスを利用するのが一番オススメです。
プロミスには「最短30分の審査時間」「複数の即日融資方法」「多数設置されている無人契約機」と即日融資を受けるために重要なポイントがいくつも揃っています。
今回は「無人契約機でカードを発行しての即日融資」の方法を説明していきます。
まずはインターネット上で審査の申し込みを行いましょう。氏名・電話番号・年収・希望融資額などの必要事項を打ち込んで送信すれば申し込みは完了です。
営業時間内に申し込みを行っていれば最短30分で審査結果が分かります。
この審査結果を待っている間に契約の際に必要になる免許証・保険証などの身分証明書を用意しておきましょう。
50万円以上の融資を希望している場合は、源泉徴収票・直近2か月分の給与明細などの収入証明書も併せて準備しておきます。
審査に際して勤め先などに在籍確認の電話がかかってきますが、この在籍確認の電話をかけてほしくない場合は事前に先方の担当者に相談しておきましょう。
プロミスであれば社員証などの提出で在籍確認の電話をパスしてくれることがあります。
無事審査が終われば、後は無人契約機で契約を行えばOKです。
無人契約機は22時まで(一部21時までのところがあります)営業していますが、手続きが延びたりしてしまった場合に備えて少し早目にいっておけば、より確実に契約を終えて即日融資を受けることができるでしょう。

お金借りたい人からの質問コーナー

お金借りる時の審査に通るコツはありますか?
審査に通るコツというわけではありませんが、審査に落ちにくくなるコツというのは存在します。それは「ウソの内容を申告しない」ということです。当たり前のように思われるかもしれませんが、お金を確実に借りたいと思うあまりつい実際の収入より少し多めの収入を申告してしまうというケースはあり得ます。しかしカードローン会社と言うのは審査に際して徹底的な調査をしますので、申告している収入が嘘だとバレてしまう可能性はかなりあります。もしバレてしまった場合には担当者の心証も悪くなりますし、最悪の場合審査落ちになってしまう可能性もありえます。仮にバレずに融資を受けられた場合でも、後々バレてしまえば残高の一括返済を求められたり、今後利用ができなくなってしまうこともあるでしょう。審査の時に限らず「正直に申告する」ということが大事です。また、「複数のカードローン会社に同時に融資の申し込みをしない」ということも重要です。カードローン会社は審査の際に信用情報機関に信用情報を照会しますが、この信用情報機関には全てのカードローン会社が加盟しているので情報は一瞬で共有されてしまいます。つまりもしあなたが2社以上同時に申し込みを行っていた場合、その事実はすぐに申し込みをしたカードローン会社の審査の人の知るところとなり、「この人はもしかしてお金に困っているのか?だとしたら融資しても返済してもらえないかもな・・・」と思われてしまう可能性があります。同時に申し込むのは「2社まで」にしておけば、審査担当の人にもそこまで悪い印象は持たれないようなので、どうしてもという場合でも同時申し込みは2社までで留めておくようにしましょう。
無職だけどお金を借りたいのですが?
無職だとお金を借りることができません。
借りれると言っているところはほぼ闇金と考えて良いでしょう。
まずは安定的な収入を得られるようにアルバイトでも良いので仕事に就きましょう。
更新履歴